PREP法を駆使して面接を攻略して、お局認定を返上しよう

特集

常日頃から回避策を意識しておく

常日頃から回避策を意識しておく

面接はPREP法で突破できる

面接はPREP法で突破できる

「PREP法」を使って面接をクリア

このページを見ている人の中には、面接が苦手、自分のことを人に伝えるのが苦手という人もいるでしょう。そういった人にとって、面接は大きな壁となってしまいます。面接も経験を重ねれば慣れていけるものですが実際にはそのような時間がない場合がほとんどです。
そこで試してみてほしいのが「PREP法」と言われるテクニックです。PREPとはPoint(ポイント・結論)、Reason(理由)、Example(具体例)、Point(ポイント・結論をくり返す)の単語から頭文字をとった言葉です。使われている単語からも予想できるように、PREP法とは最初に結論を話し、その後に理由、そして具体例を用いてより詳しく伝えたいことを説明し、最後にもう一度始めに話した結論を強調する、という話し方です。
このPREP法を用いることには多くのメリットがあります。まず、伝える順序を決めてしまうことで、自分の中で伝えるべきことを整理することができます。緊張して伝えたいことが上手く伝えられないという人は試してみる価値があるでしょう。また、最初と最後に同じ意味合いの結論を伝えることで、自分の言いたいことの本質を伝えることができます。自分の伝えたいことをしっかりと伝えられるというのは面接において大きなプラスとなるでしょう。ハキハキとしたイメージになるので面接官から良い印象を持たれます。

PREP法を有効に使うために

PREP法は優れた面接テクニックですが、その効果を十分に発揮するためには、まず自分が面接でどのようなことを伝えたいのかを明確にしておくことが必要です。ポイントとなるのは最初と最後に伝える結論の部分です。この結論が曖昧な状態だと面接官にわかってほしい部分も伝えきれないのです。自分の経歴、そして応募する職場での仕事などを踏まえ、伝えたいことをまとめておくようにしましょう。間に挟む理由や具体例を考えるのはその後です。面接でしっかりとした印象を与えるためには伝えたい内容がぶれないことが大事です。

面接を通って上司デビュー

面接には自分言いたいことをしっかり伝えて良い印象を与える必要があります。当然、身だしなみは相手へ一番の印象を与えますので、清潔な服装と髪型等にも気をつけましょう。そして難関の面接をクリアして、希望の転職を果たすことができれば、念願の上司デビューが果たせます。今の職場で働き続けてもお局さんと思われてしまいそうと心配な人は、このページで紹介しているPREP法を活用して転職を成功させましょう。すぐに上手くいかなくても、少しずつ面接のコツを掴めていくはずですよ。