部下を成長させる「コーチング」能力を高めて、お局さんと一線を画する

特集

常日頃から回避策を意識しておく

常日頃から回避策を意識しておく

「コーチング」で部下に気付きを与える

「コーチング」で部下に気付きを与える

必要なコーチングとは

お局さんにならず、良い上司になるためにはコーチング能力が必要になるのは、前書きで書いたとおりです。ではまず、コーチング能力とは何なのかということから簡単にご説明していきます。コーチングとは、上司が行う部下への指導と認識している人が多いのではないかと思います。もちろん、それもコーチングの一つではありますが、それ以外にも重要な意味を持っています。
それは、相手へ質問を投げかけることによって部下に気付きを与えるということです。上司がコーチングによって部下の成長、自発性などを促せるのが理想ということです。そうして、結果的に部下が期待する目標を達成できれば最高のコーチングが行えたということになります。

必要な5つのスキル

一般的に、適切なコーチングを行うには5つのスキルが必要と言われています。そのスキルとは相手に合わせるスキル、聞くスキル、質問するスキル、提案するスキル、承認するスキルと言われています。このいずれもが、部下との信頼関係を築き、その上で成長を促すために必要な事柄なのです。
相手に合わせるスキル、聞くスキルなどは部下に安心感を与え、そして信頼を抱いてもらうために必要なスキルです。また、質問するスキルはコーチングの要となる部分であり、ここがしっかりとできていなければコーチングそのものが成功しないと言っても過言ではありません。提案するスキル、承認するスキルはモチベーションが高まっている部下を更に後押しするのに必要なスキルです。このどれが欠けても優れたコーチングにはなり得ません。コーチングを行う上司は、これらのスキルをバランスよく、柔軟に活用できなくてはならないのです。

理想の上司になるためにスクールで学ぼう

上で簡単にコーチングについてまとめてみましたが、実際に行うのは決して容易ではありません。できれば、専門のコーチングスクールを利用して必要な能力を高められるのが理想です。当サイトでは、「CTIジャパン」をおすすめしています。

CTIジャパン

「CTIジャパン」では、基礎・応用・上級の3部構成のコースで世界標準のコーチング技術を学ぶことができます。

そして同時に仕事の現場や周りの人間関係を劇的に変化させる知恵も身につけることができるのです。これまでのこのスクールで学んだ人数を見てもそのレベルと評価の高さが伺えるでしょう。コーチングをじっくりと学びたいと考える人には是非受講をおすすめします。必ずあなたのスキルアップに役立つはずですよ。