お局さんと認識される一般的な特徴を知ろう

特集

常日頃から回避策を意識しておく

常日頃から回避策を意識しておく

周りからの一般的な認識はこれだ

周りからの一般的な認識はこれだ

お局という言葉

そもそもお局さんとはどのような人を指すのでしょうか。お局とは現在では、悪口の一種のようになってしまっていますが、言葉自体の本来の意味合いとしては江戸時代の女官を指す言葉であり、現代で使われている意味とはまったく異なるものでした。
しかし、一昔前のドラマでの影響もあり、現在では意地悪な人、口うるさい人、また婚期を逃してしまった女性に使われる言葉となってしまっています。少し前ならば、職場を取り仕切る中年女性のことをお局さんと呼んでいましたが、ここ最近ではより悪意のある意味が強まってしまっています。細かい部分では人それぞれお局という言葉に対して異なるイメージを持っていると思われますが、一般的な認識としては職場にいる厄介な女性というのが基本的な認識となっています。

自分の意見・ルールを押し付ける

お局さんと呼ばれる人には独特の特徴があります。その代表的なものとして自分の意見、またその人が自分で定めているルールを強引に人に押し付けようとすることが挙げられます。本来であれば、それぞれが工夫を凝らしながら効率的に仕事を進められるのがベストなのですが、お局さんと呼ばれる人は自分のやり方に反する人に攻撃的になることが多いようです。そのため、自分の考えに従う人には甘く、そうでない人にはとことん厳しくなる傾向があります。
そのような特徴がしばしば見られるため、一緒に仕事がしにくいと周囲から敬遠されてしまうのです。お局さんと認識されないためには、自分の価値観を押し付けないことが重要になります。

集団で行動をしようとする

お局さんと呼ばれる人の特徴としては、仲間を作りたがることも挙げられます。そうして、集団で新人いびりを行うことも多いです。一人で毅然と行動できるタイプの人はお局さんにはなりにくく、言いたいことがあっても一人では何もできない人がお局さんと認識されやすいということです。常にだれかと行動するようにしている人は注意が必要です。誰かを悪者にし、結束を強めようとするなど陰湿な行動が多いのもお局さんと呼ばれる人の大きな特徴と言えるでしょう。
もちろん、職場で仲の良い友人を作れるというのは良いことですが、そうした人間関係を嫌がらせなどに用いてはいけません。誰かと一緒にいることが多くても、それが他者への悪意ある行動に繋がらないのであれば、周囲から嫌がられる、不快に思われることもないでしょう。